【Contact Form 7】インストール・設定・使い方を丁寧に説明します。

 

悩んでいる人
サイトにお問い合わせフォームを作りたいけどどうすれば…。

こうぺい
そんな時はContact Form 7がオススメです。
誰でも簡単にお問い合わせフォームを作ることができますよ。

 

Contact Form 7は、お問い合わせフォームを簡単に作成できるプラグインです。

 

簡単とはいえ、1人で設定していると、どうしても分からないところがあったりするものです。

 

そこで本記事では、Contact Form 7のインストールから設定方法、実際に使用する方法まで画像付きで丁寧に説明します。

この記事の信頼性

 

Contact Form 7の説明については、こちらの記事にもまとめています。

こうぺい
WordPressを開いて、一緒に設定していきましょう。

この記事の内容

  • Contact Form 7のインストール手順を解説
  • Contact Form 7の設定手順を解説
  • Contact Form 7を実際に使う方法を解説

    この記事で説明していくポイントを理解することで、Contact Form 7の導入をスムーズにすることができます。

    便利なプラグインですので、是非、記事を参考に活用していただければと思います。

     

    Contact Form 7をインストールする

    インストールの手順

      1. ダッシュボード内のプラグインから新規追加
      2. Contact Form 7と検索する
      3. インストール&有効化

     

    こうぺい
    今までにプラグインをインストールしたことがある方は、飛ばしてOK。
    以下では初心者さん向けに、詳しく説明します。

     

    1ダッシュボード>プラグインにカーソルを当て、新規追加を押します。

    するとこのような画面になります。

     

    2画面右端にある、キーワードというボタンの横に、プラグインの検索と書かれたバーがありますので、 Contact Form 7 と入力します。

    すると自動で画面が切り替わり、 Contact Form 7 が一番左に出てきます。

     

    3今すぐインストールを押しましょう。

    しばらく待っていると、有効化に変わるのでこちらも押します。

    その後自動で画面が切り替わり、 プラグインを有効化しました。 と表示されていれば完了です。

    こうぺい
    インストール完了ですね。
    続けて、Contact Form 7の設定をしていきましょう。

     

    スポンサーリンク

    Contact Form 7の設定をする

    ここからは、Contact Form 7の設定方法を説明します。

    こうぺい
    難しい操作は一切なし。
    初心者さんでもすぐに設定できますよ。

    設定の手順

    1. お問い合わせフォームを作成する
    2. メールのテンプレート設定をする

    1.お問い合わせフォームを作成する

    1有効化されると、ダッシュボードの中にお問い合わせが追加されるのでクリックし、新規追加をクリックします。

     

    2お問い合わせフォームのタイトルを入力し、保存をクリックします。

    作成の通知と、ショートコードが追加されていれば基本設定は完了です。

    フォーム内は基本的にはデフォルトのままでOKなので、次に進みましょう。

    こうぺい
    フォームはカスタマイズすることもできますよ。
    デフォルト機能に物足りなさを感じたら、編集してみましょう。

    2.メール設定をする

    1メールタブをクリックし、各項目を編集します。

    追加ヘッダーはデフォルトのままでOKです。

    送信先

    お問い合わせメールの送信先です。

    デフォルトでは、WordPressに登録したメールアドレスが設定されています。

     

    他のメールアドレスにしたい場合は変更しましょう。

    送信元

    送信元に表示されるアドレスです。

    info@contact@に設定しておくのがオススメです。

    題名

    自分にお問い合わせメールが届く時の件名です。

    分かりやすい名前に変更しておきましょう。

    メッセージ本文

    実際に送られてくるメールの本文テンプレートです。

    デフォルトのままでも良いですが、より見やすくするために変更することをオススメします。

    こうぺい
    メールタブの基本設定はこれで終了です。
    次は自動返信のための設定をしていきましょう。

     

    2ページ下部にある、メール(2)を使用にチェックを入れます。

     

    3先ほどと同じように、各項目を編集していきましょう。

    送信先と追加ヘッダーはデフォルトのままでOKです。

    送信元

    読者に表示されるアドレスです。

    先ほどと同じように、info@やcontact@に設定しておくのがオススメです。

    題名

    読者に送信されるメールの件名です。

    お問い合わせメールとして分かりやすい件名に変更しておきましょう。

    メッセージ本文

    読者に送信されるメールの本文です。

    デフォルトだと文章が機械的すぎるので、文章を付け足していきましょう。

     

    4編集が終わったら設定を保存しましょう。

    こうぺい
    Contact Form 7の設定は以上です。
    お疲れさまでした。
    スポンサーリンク

    Contact Form 7の使い方

    最後に、Contact Form 7の使い方を説明します。
    1コンタクトフォームの編集に作成されたショートコードをコピーし、固定ページへ移動します。
    2事前に作成したお問い合わせフォームの固定ページに、ショートコードを貼り付けます。
    3更新後、変更をプレビューをしてみてお問い合わせフォームができていれば完了です。

    こうぺい
    自分でお問い合わせを送信して、メールの確認もしてみましょう。

    まとめ

    Contact Form 7の説明は以上になります。

    こうぺい
    コードの知識が無くても、簡単に本格的なお問い合わせフォームを作ることができましたね。

    WordPressには、他にも優秀なプラグインがたくさんあります。

    今回紹介した以外のプラグインの記事もあります。是非、参考にしてみてください。

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事