ブログ記事は装飾・レイアウトで差がつく!簡単にできる5つの方法
Notebook with blog word on computer desk with pencil notepad and clock

 

「たくさんの人にブログを読んでほしい!」って思いますよね。

読んでもらえると、嬉しいだけでなく、ブログを続けていくモチベーションにもなります。

 

これからブログを始めたい、もしくは始めたばかりの方で、

 

書いてあることはあまり変わらないのに、
なんであのブログの方が読まれてるんだろう。

 

 

と疑問に感じたことはありませんか。

それは、レイアウトや装飾などで差をつけているからかも知れません。

 

レイアウトや装飾を整えてあるブログは、読みやすく、それだけ読者から選ばれやすくなります。

 

そこで、ここではレイアウトや装飾で読者に選んでもらえる、5つの方法をご紹介したいと思います。

目次

・見出しを作り構造を明確にする

・改行を入れて読みやすくする

・箇条書きを使い分かりやすくする

・画像や表でイメージを持たせる

・枠や色を使い強調させる

・見出し見出しを作り構造を明確にする

 

見出しを作ることで、その下に何が書いてあるのかが分かりやすくなり、多くの人に読んでもらいやすくなります。

 

下の様に淡々と文章がずーっと並んでいたら、読むきってあまり起きませんよね。

悪い例
ブログの読者が読みやすい文章というものは、見出しがあることが要素の一つになります。
見出しは、その下に何が書いてあるのかが分かりやすくなり、簡単に実践できるので、絶対に入れましょう。
また、もう一つの要素として、改行を入れると読みやすくなります。
改行をいれることによって、文章がまとまって見え、読者側に親切なブログになるでしょう。

こういった文章だと、せっかくいい内容の記事を書いても、読み手側は読むのを途中でやめてしまったり、最初から敬遠してしまいます。

良い例

ブログの読者が読みやすい文章というものは、様々な要素があります。
ここでは二つの要素をご紹介致します。

・見出しを作る
見出しは、その下に何が書いてあるのかが分かりやすくなり、簡単に実践できるので、絶対に入れましょう。

・改行を入れる
改行をいれることによって、文章がまとまって見え、読者側に親切なブログになるでしょう。

いかがでしょうか。

また、ひとつの区切りとしても見えるので、文章がとてもまとまって見え、メリハリがつきます。

 

こうぺい
見出しを作る時は、読者が知りたいことのキーワードを入れておくと、
読みたい場所がすぐ見つかるため、見やすく親切なブログになります。

 

スポンサーリンク

・改行を入れて読みやすくする

 

online books reading with open book on the monitor screen with stack and people team read together with blue background - vector illustration

 改行をする事で、改行していない文章に比べて、読みやすさがまったく違います。

悪い例

ブログとは、ニュースやサイトなどに感想などを付して該当のURLとともに紹介した、英語のウェブサイトが端緒とされる。のちにBlogger、Movable Typeなどのツールが出現して本格的に拡大した。イラク戦争の際はバグダッド在住のイラク人女性リヴァーベンドが発するブログ『Baghdad Burning』(バグダッド炎上)が話題となり、その知名度を大きく引き上げる結果となった。筆者の個人的な体験や日記、ニュースや時事などの話題など、時系列で記録されるウェブサイト全般を含めて呼称したり、ウェブサイトの作成機能を提供するソフトウェアやサービスなどを称することもある。

良い例

ブログとは、ニュースやサイトなどに感想などを付して該当のURLとともに紹介した、英語のウェブサイトが端緒とされる。
のちにBlogger、Movable Typeなどのツールが出現して本格的に拡大した。

イラク戦争の際はバグダッド在住のイラク人女性リヴァーベンドが発するブログ『Baghdad Burning』(バグダッド炎上)が話題となり、その知名度を大きく引き上げる結果となった。

筆者の個人的な体験や日記、ニュースや時事などの話題など、時系列で記録されるウェブサイト全般を含めて呼称したり、ウェブサイトの作成機能を提供するソフトウェアやサービスなどを称することもある。

上の例に比べて、下の方がすごく読みやすくなっていると思います。

地味な部分ですが、こういったことに気を遣うことで、選ばれるブログになっていきます。

 

改行のタイミングとして、基本的には、2・3行に一回のペースで改行を入れると読みやすくなります。

 

こうぺい
PCで書いたものをスマホで見ると、一行辺りが長すぎてしまう場合もあります。
その為、どちらのユーザーに合わせるかは、事前に決めておくとよいでしょう。

 

スポンサーリンク

・箇条書きを使い分かりやすくする

businessman open book to find idea, idea concept. flat line design elements. vector illustration

箇条書きは項目や要素が複数個ある場合によく使います。

一目見て理解しやすくなり、文章もまとまって見えます。

 

悪い例
100人にアンケートをとった。結果は、A.40人、B.30人、C.20人、D.10人となった。

 

良い例
100人にアンケートをとった。
結果は以下の通りになった。
・A.40人
・B.30人
・C.20人
・D.10人

 

どうでしょうか? 

下の方が、パッと見て理解できると思います。

 

その他に、項目に順番がある場合などは、数字をつけて読む順番を誘導してあげると、分かりやすくなります。

 

・画像や表でイメージを持たせる

次は、画像や表でイメージを持たせるです。

 

文字だけでなく画像もあることで、より具体的でイメージがしやすくなり、理解が深まります。

 

PDCAサイクルとは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)の順番で物事を進め、繰り返すことによって、実行・改善ができる手法である。

いかがでしょうか。

画像を入れることによって、よりイメージがしやすくなると思います。

 

 

・枠や色を使い強調させる

最後に、枠や色を使い強調させるです。

文字に色を加えたり、枠で囲うことによって、重要なことを強調したり、読んでほしいところが分かりやすくなります。

 

ですが、使いすぎには注意が必要です。

何色も使うと重要なことがブレてしまい、かえって読みづらくなります。

 

基本的に3色程度に抑え、それぞれの色事に役割を持たせると、分かりやすくなります。

 

今回お伝えする内容は、「レイアウト・装飾」の方法についてです。

ブログで使える、レイアウトや装飾の要素は以下の五項目になります。

  • 見出しを作り構造を明確にする
  • 改行を入れて読みやすくする
  • 箇条書きを使い分かりやすくする
  • 画像や表でイメージを持たせる
  • 枠や色を使い強調させる

 

すべて実行出来れば、読みやすい文章になり、読者の方から選ばれやすくなります。

まとめ

ブログ作成で必要不可欠となるレイアウト、装飾についてご紹介させていただきました。

 どれも、やっていないと、読者の方は「なんだか読みずらいな」と感じてしまいます。

・見出しを作り構造を明確にする

・改行を入れて読みやすくする

・箇条書きを使い分かりやすくする

・画像や表でイメージを持たせる

・枠や色を使い強調させる

 

もし取り入れてない要素などがあれば、取り入れてみてください。

 

また、ただ書くだけでなく、読んでくれる人のことを意識すると、読みやすく、理解しやすいブログになると思います。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事