副業がバレない方法 確定申告の時に住民税の納付を変更しよう!

 

悩んでいる人
給料が少ないし、副業始めたいなぁ… でも会社は副業禁止なのよねぇ。それに確定申告で会社にバレたりしたら嫌だなぁ。

こうぺい
副業をしたいけど会社が禁止なんですね。今回は副業が確定申告で会社にバレないようにする方法をご紹介しますね。

副業は始めてみたいけど、出来れば会社にバレたくないですよね。

会社の企業規約で副業禁止と書かれていたら尚更、躊躇しちゃいますが、副業でさらに収入が得られたら旅行に行ったり、美味しいものをたくさん食べたり出来ますね。

 

しかし、副業が確定申告の時に会社にバレるというお話を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

実は確定申告で副業がバレるわけではないんです。

副業が会社にバレてしまう理由は住民税です。

こうぺい
この住民税の納付の仕方を自分で納付すれば高確率で本業の会社に副業がバレずに済みます。

今回は確定申告についてや住民税を自分で納付する方法、また、会社にバレにくい副業まで詳しくご紹介します。

この記事の信頼性

 

 

そもそも確定申告とは

まずは確定申告について詳しくご説明します。

正しい知識を持って副業を始められるようにこの機会に学びましょう。

確定申告とは

確定申告とは主に個人事業主の人が1月1日から12月31日までの1年間の所得にかかる税金を算出し、国に納める所得税を報告する手続きのことを指します。

こうぺい
所得税は売り上げから経費を差し引いた金額にかかります。

収入や各種控除、所得などの必要事項を確定申告書に記入して2月16日から3月15日までに納税所に提出します。

 

会社員の方はあまりご自分で確定申告を行う方が少ないと思いますが、その理由は会社側が年末調整をしてくれるので確定申告が免除になっているのです。

年間20万円以上得たら確定申告

副業の場合、確定申告が必要となる金額は年間20万円以上の収入を得た場合です。

副業で確定申告が必要な場合

1年間の副業で得た収入が20万円を超える人

20万円を超える収入を得て確定申告していない場合、本人の調査のみならず会社にまで調査の連絡がいく場合もあるので20万円を超える場合は必ず確定申告を忘れずに行ってくださいね。

こうぺい
税務署から調査が入ることがあればすぐに会社に副業がバレてしまいます。

逆に副業で得た収入が年間20万円以下であった場合、基本的に確定申告は必要ありません。

「確定申告」とネットで調べると「20万円」というキーワードが出てくるので、私は20万円さえ超えなければいいんだと思っていましたが、実は一部例外もあります。

副業で得た収入が20万円以下でも確定申告が必要な場合

  • 医療控除や住宅ローン控除などの控除を受けるために確定申告をする予定がある場合
  • 本業の年収が2000万円超える場合
  • フリーランスや個人事業主の場合

副業を始める前に上記の内容を必ず覚えておいて確定申告が必要になった場合は忘れずに申告しましょう。

20万円以上の収入を得て確定申告をしなかった場合

副業で20万円以上の収入を得て確定申告を行わなかった場合、様々な罰則があります。

特に確定申告を終わらせると、そこで安心して納付の期限を忘れてしまいそうになりますよね。

無申告加算税

確定申告を怠った場合は確定申告の税額にプラスして無申告加算税がかかります。 所得税の額が50万円までは15%加算されて、50万円以上なら20%加算されます。 ただし、1か月以内で税務署が調査する前であれば自主的に確定申告をすれば5%の加算で済みます。

延滞税

期限以内に確定申告をしていても、納税するのが遅れると延滞税が発生します。 確定申告をしたからと言って安心せず、きちんと納税も忘れずにしましょう。

重加算税

故意に確定申告を怠ったと判断されたときに重加算税が課せられます。
重加算税は悪質な滞納者に課せられるので40%とと税率も高めです。
せっかく副業で頑張った収入が下手するとマイナスになりかねないですね。

副業でも収入を得た場合は、確定申告が必要かどうかを判断し、期限内に確定申告書の提出、そして納税を忘れないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

副業は住民税でバレやすい

悩んでいる人
なぜ副業が住民税でバレるのかしら…。副業が住民税でバレないようにする方法はあるのかな。

こうぺい
副業が住民税によってバレないようにする対策があるのでご紹介しますね。

なぜ住民税によって副業がバレるのか

会社員の方はご自分で住民税を納める代わりに会社が住民税を納めてくれます。

住民税の算出の流れ

  1. 会社が自治体に給与支払報告書を提出し、副業先の会社も自治体に給与支払報告書を提出
  2. 自治体が2つの給与支払報告書をもとに住民税を計算し、住民税決定通知書を給料の高い方の本業の会社に送付する
  3. 本業の会社が住民税が上がっていることに気付くことで副業がバレる

このような流れで本業の会社に副業がバレてしまうのです。

私はこの流れを知るまで住民税は給料から天引きされるので特に気にした事はありませんでしたが、いざ知るとなぜバレるのか理解出来ますよね。

副業が住民税からバレないようにする方法

副業の収入が20万円以下であれば、確定申告は原則必要ありませんが、住民税は副業の収入に関係なく申告が必要になります。

その時、住民税から副業していることをバレないようにする為には住民税の納付の仕方を普通徴収に変更すれば高確率で会社にバレずに済みます。

こうぺい
これを知っているのと知らないのとでは、これから副業を始めるにあたってリスクを大幅に軽減することが出来るのでぜひチェックしてみてくださいね。

住民税を普通徴収に変更する

確定申告の時、または自治体の税務課へ直接出向き、主給与以外の所得を普通徴収で支払うにチェックを入れます。
これで主給与以外の所得を直接納付するように自治体に申し出ましょう。
スポンサーリンク

会社にバレにくい種類の仕事を選ぶ

次は会社にバレにくい副業でおすすめな仕事をご紹介します。

自分でやりたい仕事もあるかと思いますが、副業ではなんの仕事でも良いというわけにはいきません。

なるべく会社にバレないような仕事を選ぶようにしましょう。

クラウドソーシングサービスサイトを利用する

一番のおすすめはクラウドソーシングサービスサイトを利用して副業する方法です。

パソコンやスマホがあれば、誰でも在宅で仕事を出来ます。

こうぺい
私はパソコンも人並にしか使えませんでしたが、今では記事を書いていますよ。

 

数あるクラウドソーシングサービスサイトの中でも最もおすすめのサイトが「Crowd Works(クラウドワークス)」です。

初心者の方でも簡単に出来る仕事がたくさんあり、他のクラウドソーシングサービスサイトと比べると案件の数が多いのが特徴です。

クラウドワークスで初心者が出来る仕事

  • データ入力
  • ライティング
  • アンケート回答
  • イラストやアイコンを描く

アンケート回答など一つの案件をこなすのに数分で終わるような簡単な仕事もあるので本当に誰でも出来ます。

しかも、基本的に匿名で仕事が出来ることもあり、他の会社で働くよりも断然本業の会社にバレずに済みます。

≫クラウドワークスはこちら
※クラウドワークスオフィシャルページへ移動します。



こうぺい
どのサイトも登録無料なので今すぐにでも始めることが出来ますよ!
クラウドソーシングサービスサイトについてこちらの記事で詳しくご紹介しています。

ブログを運営する

記事を書くことが好きな方はご自分でブログを運営するのもおすすめです。

ブログは企業の広告を自分のブログに掲載し、クリックまたは広告の商品を購入してもらうことで収入を得ることが出来ます。

こうぺい
こうぺいも本業の傍らブログ運営をしています。

好きな記事を書いて広告収入が得られたらとても素敵ですよね。

しかも、ブログの人気が出てきて広告収入が増えればブロガーとして生活していくことも夢ではありません。

まとめ:副業が確定申告でバレない方法

今回はなぜ副業をしていることが確定申告や住民税によってバレるのか、また、バレにくいおすすめの副業についてご紹介しました。

色々あってなかなか一度にすべてチェックは難しいかと思いますが、脱税は忘れてたじゃ済まされませんので副業を始める前に確認しておきましょうね。

こうぺい
確定申告や住民税の申告は忘れずに行いましょう!

今回の記事のおさらい

  • 確定申告だけでは副業は簡単にバレないが、20万円以上の収入があれば確定申告が必要(一部例外あり)
  • 副業だからと言って確定申告を怠ると税務署から調査されて罰則が課される場合がある
  • 住民税の納付を普通徴収に変更する
  • 会社にバレないような職業を選択する

     

    くれぐれも自ら副業を公言するようなことはせず、これらの対策をしていれば、会社にバレにくくなること間違いなしです。

     

     

     

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事